なでしこジャパン、タイに3-0で勝利 川澄、田中がゴール


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
【PR】

s2sが日本のサッカーコーチを世界一に導く!!
元日本代表神野も認めた練習メニューの多さ。

 http://www.onze-inc.co.jp/service/abouts2s/

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
日本は序盤からボールをキープし、試合を支配する。
しかし、タイは日本の攻撃に対し10人の守備で対抗。
人数をかけて守りを固める戦術で、日本に決定機を与えない。

澤や宮間ら攻撃の主力を休養とした影響がもろに出た格好となり、
攻めあぐねた印象を残したまま、前半を0-0で終了。

後半の開始から宮間を投入。
圧倒的なボールキープ力で前半以上に試合を支配。
宮間の多彩なパスワークからシュートチャンスが増えていく。
後半16分、上尾野辺のパスを受けた川澄が待望の先制ゴール。

これで勢いをつけた日本はその後も、タイ陣内で試合を進め、
後半30分には宮間のCKを田中が右足で豪快にゴール。
後半45分には、タイのオウンゴールで追加点を挙げる。

3-0と勝利を収めた日本だが、
宮間の投入で流れが一気に変わったように、
主力と控えをどのようにうまく使っていくか
まだまだ宿題が残っている。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック